始まりと終わりの中間点
空間と空間の区切り
誰しも狭間で待っている
その現在という狭間で待っている

常に動きのあるその場所
数知れない動きに満ちている
ただ、方向と行き先は「形のない駅」

辿り着く場所、辿り行く場所は
誰しも通る扉の奥に有る
だが、扉はその存在を目的とされることは無い

行き先と目的がない時、「形のない駅」は動きを止める



A center point between a beginning and an end
Between spaces
Everyone waiting
Waiting in a middle space called the Present

A space that is full of movement
Full of unknown movement
Just a direction and a way towards “No shape station”

The destination exists beyond a door which everyones passes through
But the door is not the aim

If there is no aim and no destination, “No shape station” terminates.....


Back