DIEM company

Choreographer

Yutaka Nakata
halfdead


ダンスと芸術は自分自身であること
日本、兵庫県姫路市出身のYutakaは早くから地元の中田バレエシアター(代表 : 中田弥生)でクラシックバレエを始める。16歳よりオーストラリア、メルボルンにあるNational Ballet Schoolにて様々な種類のダンスを習い卒業。1998年からミラノのスカラ座バレエ学校のモダンコースに入り2001年に卒業する。

2002〜2007年まで
Philip Taylorの監督するBallet Theater Münchenで活動。彼はここで特にPhilip Taylor, Jiri Kylian, Carolyn Carlson, その他の振付師の作品を踊る。ドイツ、ミュンヘン滞在中、Ajan LAO師の元、太極拳や気功、ムエタイなどを鍛錬する。

2007年9月から
Carolyn Carlsonのダンサーとして活動し、彼女の主な舞台に出演している。この間にもクライミングや水泳などのスポーツをやりながら、新たな身体表現を研究している。

自分の原動力は、己の感情
彼の世界観は母親のバレエ教室である大きなスタジオと出会ってから自ずと生まれ、自由な空間と共に成長してきた。この頃から振付けをしていくと同時にクラシックダンスの一部などを変更して自身の振付けを行ってきた幼少期、自然と即興での遊びを習っていたのかも知れない。それから海外に渡った事で思考の違いや生き方の違いを感じ、自分のスタイルと創造性を開発していった。

2001年からは自分の内に
『秘める旅』を作品として表現し、プロのダンサーと共に発表する機会をミュンヘンのイベント、Young Choreographerで持つ。この経験から彼は、自分の作品が私生活での問いかけや哲学的な疑問を自分なりの考えとして舞台に描き観客と共有したいとわかり、その創造性を自由に発散させ、活動をフランスへ渡ってからも続ける。

人生は様々なカラーで成り立つモザイクだ
Yutaka
は自分の人生の流れを信頼し身を任せる。それが手引きであり、自分自身でいる事の意味を追求する。そしてありのままに作品を演出する事を主観とし、感情を表し、内容を伝える事を目標としている。

今日、彼にとってダンスは人生の中心であるが、その中心をさらに成長させる為に常に経験を欲している。人生は様々なカラーのモザイクであり、それぞれが役目を持っていると考えている。彼が始めて創った作品で表現したのがその目的の始まりで、一つ一つの深いカラーがその役目を果たした時に新しいカラーが生まれ、輝くと信じている。