北フランスに拠点を置くコンテンポラリーダンサー/振付師、写真家、Yutaka Nakataは東洋の思考を中心とした創造性を基本としながら、今まで渡ってきた西洋の文化などを混ぜ合わせて創造する。

振付けはコンテンポラリーダンスを主体としながらも、武道の味を合わせ持ったり、様々なスポーツの経験も取り入れ、伝統と現在を融合させている。

彼は日常で感じる「シンプルな疑問」から「自然の法則」、「哲学」などからインスピレーションを得て活動の基礎としている。作品にはインプロ(即興)が鍵の一つとなっている。

誰かに「いつからインプロをしているか」と聞かれたら「生まれた時から誰もがしている」と答えるだろう。

"When did we start improvisation? Since the birth, since ever..."


Top News

企画進行中, "Dripping through falling edges", "Anicca - Impermanence", "Choreography in Photography"

facebook-logo Vimeo-Logo YouTube-icon-full_color 200px-Instagram_logo_2016.svg